2017年9月25日月曜日

最後の遠出…

最後の思い出づくりに… と、春に和歌山へ1泊旅行をしてきました。

その時の様子は4月末~5月にかけてアップしているんですが
改めて見返してみると、あれからまだ半年も経っていないのに
ごまの衰えっぷりがハンパないっ!o(><;)o  結構ショックです…


そして今、残された時間の中でごまとの思い出づくりをしたいけど
とてもじゃないけど、宿泊を伴うお出かけは無理。


ということで、昨日は日帰り弾丸ツアーに行ってきました~♪ (^^)


春の旅行のときと同じように、ワン達に気付かれないよう
しれ~っと準備を進めましたが、やっぱりバレました…(^^;)



まあ、ごまの落ち着きのないこと。




今までワン達を車に乗せるときはバリケンを2台並べてましたが、今回はこうなりました。



ごまはバリケンの下側だけです。

では、まめの扉を閉めて…



まめが中から睨んでる…(^^;)


安全のためには、ごまにもちゃんとバリケンをセットした方がいいんでしょうけど
中で方向転換できなかったり、立ち上がるときに補助が必要だったりするので、こうなりました。

さらに屋根を外した大きな理由は… バリケン内で粗相をする恐れがあるから。 \( ̄∀ ̄)/


屋根が無いので、日光を遮るために窓に趣味の悪いレジャーシートを垂らしました。



さあ、出発!

2回の休憩タイムを含め、3時間後に到着したのはこちら♪



さて、ここはどこでしょう?  分かるかいっ!

続く。。。

Thank you !     See you !

2017年9月23日土曜日

悩む犬

デッキネタが続きますが…(^^;)

ごま~、出ておいで~



トイレタイムだよ~



まめも出ておいで~



で、まめはすぐにデッキから下りましたが、ごまはなかなか下りようとしません。



ごま、下りへんの?



ごま…



そんなに悩むことか?

Thank you !     See you !

2017年9月22日金曜日

あれから1ヶ月

ごまの肥満細胞腫が発覚してから、あっという間にひと月が経ちました。

ひと月前の腫瘍の大きさは3cm × 4cm。


治療を開始した時点でのステロイドの量はプレドニン5㎎ × 3錠で
少しだけ腫瘍は小さくなりましたが、肝臓の数値が上昇したので
3錠 → 2錠に減らしてしばらく様子見。


そして昨日、病院で腫瘍を計測したら、4cm × 5cmに成長してました。(TT)


ということで、再度ステロイドを2錠 → 3錠に増量。

腫瘍が消滅することなんて望まないので
せめてこれ以上大きくならないように、ステロイドが効いてくれるといいんですが…

でも、肝臓の数値も気になるし…


腫瘍の成長、ステロイドの量、副作用。

私が悩んでも仕方ないんですが… 何とかならんかのぉ… 現実は厳しいです。 


そう言えば…

最初の診察で 「余命は2~3ヶ月」 と言われ、ショックを受けたんですが
あれからひと月経った昨日の診察でも先生は 「2~3ヶ月…」 って言ってたぞ?

「余命2~3ヶ月」 って言うのは、ガンの子に対する常套句なのかな。

ひと月後にも 「余命2~3ヶ月」 って言われたら
「2か月前もそう言ってましたよ」 って、先生にツッコミを入れようと思います。


あ、ごまは元気ですよ♪

デッキから降りるのを躊躇してるかと思ったら…



こんなことしてるし…(^^;)



まめも呆れています。



まあ、デッキから飛び降りる元気はあっても…



水を飲むだけで、こうなってしまいますけどね。



ごま、頑張れ!

Thank you !     See you !

2017年9月21日木曜日

穏やかな時間

まめが片耳を立てて寝ていたので…



久しぶりに立耳ラブラドールを… と思ったら…



逃げられた。



それでも負けじと正面に回ったら…



非難の目で睨まれた。


ところで、ごまは何をしているんだ? と振り返ると…



かなり不自然な格好をしていた。



見ているこちらが痛くなりそうなので、前足をちょっと狭めてあげた。



そんな (← どんな?) ごまの鼻をよく見てみると…



結構立派な迷彩柄だな。


だから何やねん!? という声は無視して…

こんな穏やかな時間がずっと続いて欲しいなぁ… と願う飼い主なのでした。。。

Thank you !     See you !

2017年9月20日水曜日

縁起でもない? 

最近よく見聞きするようになった 『終活』 という言葉。

ひと昔前だったら、生前から相続や葬儀の話し合いをするのは
タブー視されたり、縁起でもないと思われていましたが
今では 「いざというとき慌てないために…」 「残された家族のために…」 と
そんなに特別なことではなくなってきたように感じます。


ということで… 



          ↑
グラフ用紙を使って、簡易模型を作製し…

あまり考えたくないけれど… 



          ↑
模型をもとにエクセルで設計図を作成。

いざというとき慌てず… 



          ↑
そして、設計図通りに段ボールをカットし…

落ち着いてごまを見送れるように… 



          ↑
カット出来たら折り目を付けて…

ごまのための終活ということで、お棺を作ることに。



縁起でもない! という声が聞こえてきそうですが
早々とお見送りのお棺を用意するのは、我が家では長生きのジンクスなんです。


というのも、先代ゴルが腎不全になり、だんだん数値が悪化して
獣医さんから 「よく持って2~3ヶ月」 という余命宣告を受けたとき
やはり、いざというときバタバタしたくないという思いから、生前にお棺を作りました。

そして、もうすぐお別れなんだ… と覚悟をしていましたが
なんとそれから半年以上も頑張ってくれたんです。


先代ゴル1匹だけの出来事ですが、そのとき以来
「早めにお見送り用のお棺を用意をすると、覚悟した以上に長生きする!」
というのが我が家のジンクスになり、今回も早々とごまのお棺を準備しました。


話はそれますが、病院でもお見送り用お棺 (段ボール) を扱っています。

でもね… ごまサイズだと特注になるので、なんとお値段4千円!

別にこんなところでケチるつもりはありませんが
あの段ボールに4千円の価値は見出せないし
まだ時間はあるんだし、自分達で心を込めてDIYすることにしました。


で、90 × 180センチの段ボールを2枚使用して
縦55cm × 横90cm × 高さ30cm のお棺を作ったわけですが…

間口1mのハウスを塞いで寝ている姿や…



キッチンで思いっきりジャマになっている姿を見てると…



ちゃんと納まるんかいな? って、ちょっと不安になってきたぞ。。。

Thank you !     See you !

2017年9月19日火曜日

シニアグッズが増えました

突然ですが… さて、これは何でしょう?   分かるかいっ!



正解は、人間用の腰痛サポーターです。

長年使ってボロボロなんですが、捨てる前にもうひと仕事してもらいましょう♪


ということで… 腰をがっちりホールドするためのゴムを切り離し…



少し短くして、取っ手を付けました。



これをどう使うかというと…



はい、そうです。

最近、シッコの元栓が緩くなってきたごまじいさん…(^^;)

まだ今は、チョロって数滴漏れている程度なので
気付いたときに床を拭いて消毒するだけで済んでますが
この先、漏れる量が増えてしまう可能性も否定できません。

なので、廃品腰痛サポーターを利用して、マナーベルトを作ってみました。


これに尿漏れパットなどを付けることになりますが
お腹に当たる部分はメッシュになっているので、通気性はバッチリですし
両端は強力なマジックテープなので、しっかり固定できそうです。

そして、起き上がりをサポートできるように、取っ手も付けました。


では、実際に装着して…



起き上がる気、ゼロだな。

まあ、無理にごまじいさんをを起こすのも何なので、とりあえず今は元気印のまめに…



モデルになってもらって…



実際に装着したらどんな感じかを…



皆様にお届けするのは、又の機会にしたいと思います。。。

Thank you !     See you !

2017年9月18日月曜日

動かないのか? 動けないのか?

ワンごはんトッピング用の鶏肉を茹でていると、ごまがキッチンにやってきて
ウロウロしたかと思ったら、すぐにへたり込んでしまった。



なかなかの目力で、背後からダンナ君を睨みつけてますが
ごはんの時間まで、おあずけだよ~



いや… だから… そんな目ですごまれても…



スネ顔にも、なかなか迫力がありますなぁ…


さて、キッチンにやってきたごまに対し、まめは遠いところで知らん顔。

なので、ちょっと呼んでみた。 どこが ↓ ちょっとやねん?



普通は2~3回も呼べば顔を上げるんでしょうが
まめの場合は (飼い主が意地になって) 10回以上呼んでようやく顔を上げ…



しかもシャッターチャンス1回分の間だけ…(^^;)



その後は何回呼ぼうとも…



まめにはまめの生き方があるようです。


さて、鶏茹で作業の終了後、誰もいなくなったキッチンに居座り続けるごま。



根が生えて動かないのか、それとも自力で立ち上がれず動けないのか…?



まぁ、どっちでもエエか。。。

Thank you !     See you !